向こう三軒両隣運動

向こう三軒両隣運動

7月31日に熊本県立体育館において『向こう三軒両隣運動』の一環として

大腸肛門病センター高野病院 臨床工学科 金子秀作先生をお招きし

【高齢者の排便障害の改善について】ご講話いただきました。

  1. 1日3食のバランスのいい食事(特に朝食は、必ずとる)
  2. 毎日の適度な運動が腸の働きを活性化します。ラジオ体操やウオーキング等の軽めの有酸素運動が効果的です。

他にも腸のひねり体操等々講義していただき、参加者の方々からも『来てよかった』の感想をたくさんいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。